薔薇色の街がピアノに染まる。世界でもっとも美しいピアノ音楽祭。

フランス南西部にある中世のレンガ造りの街並みが美しい「薔薇色の街」トゥールーズ。
13世紀ゴシック建築のジャコバン修道院を舞台に、半世紀前から世界中のピアニストたちに愛されてきたピアノのための音楽祭、「ジャコバン国際ピアノ音楽祭」があります。
リヒテル、ブレンデル、アルゲリッチ…。この音楽祭の歴史を彩ってきたのは、きら星のようなピアニストたち。
音楽祭のコンセプトは、とてもシンプル。
テーマもなく、ジャンルもない、ただピアノだけ。
ピアノでみんながひとつになる。
新たな国際交流の第一歩が、いま、はじまります。

主催:サラマンカホール
共催:岐阜新聞・ぎふチャン
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
協力:大野町、大野町バラ苗生産組合、アペリティフ365 in 岐阜実行委員会

 

関連イベント: