ショパン生誕210年記念
あの名作『戦場のピアニスト』の感動を再び!

映画『戦場のピアニスト』ではすべてのピアノ演奏と、クライマックスシーンで迫真の「手」の演技を披露し、絶大な評価を受けたオレイニチャク。ショパン国際ピアノコンクール審査委員も務める歴代最高のショパン弾きが、感動のオール・ショパン・プログラムをお届けします。

円熟の妙技の、そのさきへ
紡ぎ出す旋律、魂の響き・・・まさにショパンの化身。

『戦場のピアニスト』という映画を覚えていますか?
2002年、第75回アカデミー賞主要3部門を受賞した名匠ロマン・ポランスキー監督の名作です。
第2次世界大戦中のポーランドで、戦火の中で生き抜くひとりのピアニストの物語が、世界中を感動の渦に巻き込みました。
この映画の全編に流れるショパンの音楽を演奏し、主人公がドイツ人将校の前でピアノを演奏するクライマックス・シーンの印象的な手元が、ヤノシュ・オレイニチャクです。
ショパン生誕210周年。今年のショパン国際ピアノ・コンクール審査委員も務める世界的巨匠のパフォーマンスを、どうぞご堪能ください。

主催:サラマンカホール
後援:駐日ポーランド共和国大使館/ポーランド広報文化センター

助成:文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会


※ 新型コロナウイルス拡散防止対策(3密の回避)としての収容人数縮小の継続に配慮して、全自由席での販売とさせていただきます。
※ 2020.06.21公演のチケットは一旦すべて払い戻しを致します。詳しくはこちらをご参照ください。2021.01.22の振替公演のチケットは10月2日に再発売いたします。


CROSS TALK ヤノシュ・オレイニチャク×浦久俊彦(サラマンカホール音楽監督)

【テーマ】 ポーランド人からみたショパン、ショパンを弾く極意、ルービンシュタインが教えてくれた大切なこと ほか

公演の中でクロストーク(フランス語、通訳付)がございます。あわせてお楽しみください。


Present

ご来場のお客様に、サラマンカホール特製オリジナルCDプレゼント!


ご来場の皆様へ新型コロナウイルス感染症対策へのご協力のお願い

  • 会場内では常時マスクを着用してください。マスク未着用の方はご入場いただけません。
  • こまめな手洗い、手指消毒、咳エチケットの励行をお願いします。
  • 会場内では周囲の方との距離を1m以上空け、密集を避けてください。
  • 発熱や咳などの風邪症状等、体調のすぐれない方はご来場をお控えください。
  • 入場時はサーマルカメラ等による検温を実施します。37.5℃以上の発熱がある方はご入場いただけません。またいつもより入場に時間を要しますので、当日は余裕を持ってご来場ください。
  • 「岐阜県感染警戒 QR システム」への登録および、接触確認アプリ「COCOA」のインストールにご協力ください。
  • 「ブラボー」などの掛け声や会場内での会話はお控えください。
  • 出演者への花束・プレゼント等はお控えください。