information サラマンカホールについて

ホール施設・設備については貸ホールのご案内をご覧ください。

サラマンカホールの由来

当ホールは、岐阜県が1994年に開場したコンサートホールです。

その名は、スペインのサラマンカ(Salamanca)市に由来しています。
サラマンカ市は、ポルトガルとの国境に近くにある
カスティーリャ・イ・レオン州サラマンカ県の県都で、
現存するスペイン最古の大学ともいわれるサラマンカ大学のある街であり、
旧市街全体が世界遺産に登録されている歴史的な都市です。

市中心部にあるサラマンカ大聖堂には、「鳴らずのオルガン」と呼ばれていた
ルネサンス期の古いパイプオルガンがありました。
そのオルガンの修復を岐阜県白川町の辻宏氏が申し出て、
その事業に岐阜県も協力をしました。

オルガンは8ヶ月かかってよみがえり、サラマンカ市民に感動を与えました。
6年後、辻氏がサラマンカホールのために
大聖堂オルガンの特徴をとり入れたパイプオルガンを建造したのです。

このホールがサラマンカの名をいただいていることは、
スペインと日本の友好の証でもあるのです。

サラマンカホールの特徴

舞台

オーク(楢)をふんだんに使った柔らかな空気感をたたえる内装広いステージでも隙のない充足感、そこに立つアーティストの気分を高揚させる空気が充満しています。

客席

708席というクラシック音楽を楽しむには絶好の大きさと残響2.1秒(空席時)という響きがサラマンカホールの特徴です。ピアニッシモの音が力を失わず客席の隅々に伝わり、オーケストラのフォルティッシモも柔らかさを失わない響きで観客を包みます。後方の席でも、音響的にも視覚的にも遠さも感じさせないホールです。
岐阜だけでなく、日本の中でも屈指の音楽堂といえます。

ホワイエ(レリーフ)

ホワイエ2階の3つの客席扉にはレリーフが設置されています。これは世界最古の大学、サラマンカ大学(中央)と、サラマンカ大聖堂(左右)のレリーフを模したものです。石材に現地のビジャマジョール石を用い、スペインの職人によって三年かけられて作られました。

サラマンカ大学レリーフのレプリカ

唐草模様の中に隠れている多くの動物たちや、翼をもった女性、どくろなどが彫られています。さながら我々の世界のようです。
レリーフの中には一匹のカエルが彫られており、このカエルを見つけられたら幸運に巡り合える、といわれています。

サラマンカ大聖堂レリーフのレプリカ

さまざまな楽器を持った人が点在し、音楽のある幸福な世界が表現されています。

オルガンについて

オルガン建造家 辻宏
(1933-2005)

1958年東京芸術大学器楽科(オルガン専攻)を卒業後、渡米してSchlicker Organ Companyにてオルガン建造を学ぶ。オランダのFlentrop Organ Company勤務の後、1964年、神奈川県座間市に辻オルガンを設立。1976年に工房を岐阜県加茂郡白川町に移転。辻オルガン設立後、2003年にいたるまでに、国内外に81台のオルガンを設置した。歴史的オルガンの修復でも名高く、イタリア・ピストイア市、スペイン・サラマンカ大聖堂での仕事(16世紀のオルガン修復)によって名声を獲得(ピストイア市名誉市民、スペインのイサベル女王勲章エンコミエンダ章を受ける。)これらの修復から古典的建造法を学び、歴史的オルガンの複製も建造している。

岐阜県美術館、岐阜県県民ふれあい会館サラマンカホールに設置されたオルガンは、古典的建造法に基づいて建造された。オルガン建造の一方で音楽活動も積極的に行っており、1973年には日本オルガン研究会を故・松原茂氏らと設立。1985年から白川イタリア音楽アカデミー(白川町、イタリア・ピストイア市共催)を毎年一度開催。1994年には岐阜サラマンカオルガンソサエティーを設立。サラマンカホールを会場に「岐阜スペインオルガン音楽アカデミー(岐阜県県民ふれあい会館、岐阜県スペイン友好協会共催)」を主催。2003年、黄綬褒章受賞。

事業案内

サラマンカホールの事業方針

  • 県民のみなさんに、良質な音楽文化に触れる機会を様々なかたちで提供します。
  • プロアマを問わず地元を中心に、岐阜県の音楽文化の活性化につながる活動を支援します。
  • 音楽を核に岐阜県の文化向上に寄与します。
貸館事業 音楽発表と音楽鑑賞の場を提供し、県民の交流と文化の振興を図ります。
主催公演事業 国内外の音楽を紹介し、音楽文化の向上を図ります
県民協働事業 県内の音楽家、音楽団体と協働、支援します。
アウトリーチ ホールの中にとどまらず、県内の求められるところへ音楽をとどけます。
企画制作事業 新たな音楽芸術を提案、発信します。

レジデント事業

サラマンカホール・レジデント・カルテット

地域の音楽文化の普及と若い音楽家育成のため、2015年から取り組んでいる事業です。(現在2期目のメンバーが活動中)
演奏実績はサラマンカホール主催公演として、2016年10月 ふれあいアトリウムライブ、美術館コンサート(岐阜県美術館)、12月 クリスマスコンサートなどに出演。

また、同年12月 岐阜県立岐阜希望が丘特別支援学校および岐阜県立岐阜盲学校へのアウトリーチなど、学校・文化施設などでの出張演奏も行っています
2017年10月には、サラマンカホールで結成1周年コンサートを予定しています。

  • ヴァイオリン

    西村洋美
    Hiromi Nishimura

    波馬朝加
    Asaka Hama

  • チェロ

    紫竹友梨
    Yuri Shichiku

  • ヴィオラ

    太田奈々子
    Nanako Oota

サラマンカ少年少女合唱団 CORO Junior(コロ・ジュニオール)

地域の子どもたちと新しい音楽の輪を作り、新たな音楽発信をする目的で結成しました。
歌うことを通じて音楽の素晴らしさ楽しさを体験し、仲間とともに作り上げる喜びを大切にします。
体を使う表現や演劇的な要素を取り入れた、幅広い演奏に取り組んでいきます。

詳しくはこちらから

公式マスコットキャラクター紹介

サーラちゃん

岐阜県のコンサートホール・サラマンカホールの妖精、サーラちゃん。
音楽が大好きで、頭が音符の形になっているよ。
スカーフとワンピースは岐阜の豊かな自然をアピールしてるの。
みなさん、サーラちゃんをよろしくね!