文字の大きさ:

resident レジデント・楽器貸与事業

サラマンカホール・レジデント・カルテット

サラマンカホールが若い世代の音楽家の育成と音楽普及活動のために、
2015年に結成した弦楽四重奏です。
サラマンカホール主催公演へ出演するほか、学校・文化施設での出張演奏、
依頼を受け各地で演奏活動を行っています。

またチェリスト原田禎夫氏やクァルテット・エクセルシオなど、
一流アーティストによる指導を受け、演奏家として更なるスキルアップを目指し、
活動しています。第1回定期演奏会ではハイドン、ボロディン、ドヴォルザークの作品を演奏。
弦楽四重奏の本質を求めて精進を続けています。

メンバープロフィール

ヴァイオリン

  • 西村 洋美

    西村 洋美Hiromi Nishimura

    • 愛知県立明和高等学校音楽科、東京音楽大学卒業。
    • 桐朋学園大学院大学音楽研究科演奏研究専攻修了。
    • 桐朋オーケストラ・アカデミー修了。
    • 第10回日本演奏家コンクール最高位。
    • 第13回同コンクール第2位(1位なし)。
    • 秋山和慶氏指揮/桐朋アカデミー・オーケストラと協演。
    • '10豊田文化奨励賞を受賞。
    • '11 (財)とよしん育英財団助成対象者。
    • '11・'16 名古屋市電気文化会館ザ・コンサートホールにてリサイタルを開催。
    • 現在、愛知県立明和高等学校音楽科講師。セントラル愛知交響楽団ヴァイオリン奏者。
  • 波馬 朝加

    波馬 朝加Asaka Hama

    • 愛知県立芸術大学卒業、同大学大学院音楽研究科博士前期課程首席修了。
    • 平成23年度中村桃子賞受賞。
    • 第21回レ・スプレンデル音楽コンクール室内楽部門第1位。
    • ”大学院最優秀修了生によるコンサート”出演。
    • (財)よんでん文化振興財団奨学生。
    • (財)北野生涯教育振興会音楽奨学生。

ヴィオラ

  • 太田 奈々子

    太田 奈々子Nanako Ota

    • 名古屋音楽大学卒業。
    • その後昭和音楽大学研究員を勤める。
    • Kubelik Trioによるマスタークラス修了。
    • 森悠子氏による公開レッスン、カルテット・エクセルシオのレッスンを受講。
    • 室内楽の杜 2016 in鳥栖に参加。
    • あいちトリエンナーレ2016舞台芸術公募プログラム「巡礼」に出演。
    • セントラル愛知交響楽団契約団員、愛知芸術文化協会(ANET)会員。

チェロ

  • 紫竹 友梨

    紫竹 友梨Yuri Shichiku

    • 愛知県立芸術大学音楽学部を経て、同大学大学院音楽研究科博士前期課程修了。
    • 第21回レ・スプレンデル音楽コンクール室内楽部門第1位。
    • ジャパンストリングカルテット弦楽四重奏団マスタークラス。
    • プラハサマーアカデミー チェルヴォサマーアカデミーを受講、演奏会に出演。
    • 草津国際音楽祭を奨学生として受講、演奏会出演。
    • 2014年新潟県立新潟高校音楽家特別講師として演奏会出演。
    • 現在は東海地方を中心にソロや室内楽、オーケストラなど幅広く演奏活動を行いながら、後進の指導にも力を入れている。愛県立芸術大学非常勤講師(演奏要員)。

主な活動

2016.12 岐阜県立岐阜希望が丘特別支援学校 、岐阜県立岐阜盲学校アウトリーチ
2017.05 春日井市民文化財団主催「昼コン」
2017.06 サラマンカホール主催「オペラバーへようこそ」
2017.10 レジデント・カルテット第1回定期演奏会
2018.01 宗次ホール ランチタイムコンサート
2018.09 鈴鹿市文化振興事業団主催「ミュージックガーデン」
2018.10 羽島文化センター 開館20周年「室内楽の楽しみ」
2018.11 レジデント・カルテット 第2回定期演奏会
2018.12 サラマンカホールのクリスマス物語2018
2019.10 春日井市民文化財団主催「夜コン」
2019.11 レジデント・カルテット 第3回定期演奏会
主な活動

サラマンカ少年少女合唱団 CORO Junior(コロ・ジュニオール)

地域の子どもたちと新しい音楽の輪を作り、新たな音楽発信を目的として2013年に結成。
小学1年生~大学生までのメンバーが毎週土曜日に活動しています。
年1回の定期演奏会をはじめ、サラマンカホール主催公演への出演、文化施設などでのアウトリーチ活動にも取り組んでいます。

詳しくはこちらから

ぎふ弦楽器貸与プロジェクト

2019年8月、サラマンカホールはヴァイオリン22挺、ヴィオラ10挺、チェロ8挺、総数40挺に及ぶ弦楽器の寄贈を受けました。
2019年11月13日からスタートした本プロジェクトでは、「清流コレクション」と名付けられたこれらの楽器をホールのコレクションとしてメンテナンスし、音楽を勉強する若者たちのために無償で貸与することになっています。

詳しくはこちらから