新・首席指揮者とバッハ演奏のスペシャリストが奏でる

2018年9月、バッハ・コレギウム・ジャパンの首席指揮者に就任した鈴木優人。
その直前にはバッハ:チェンバロ協奏曲全曲録音プロジェクトを立ち上げ、勢いに乗る彼と、
バッハを知り尽くした精鋭たちの演奏でお届けします。長年の研究に裏付けられた解釈と、
新しい息吹にご期待ください。

出演/
指揮・チェンバロ・オルガン:鈴木優人
ヴァイオリン:若松夏美
リコーダー:アンドレアス・ベーレン
器楽:バッハ・コレギウム・ジャパン

主催 : サラマンカホール


20190721-kogaku_no_himitsuのサムネイル同日開催 ◆音楽講座《古楽のひみつ》

※1限目・2限目とも定員に達したため受付を終了しました。

【1限目】12:00-13:00 「間近で見るオリジナル楽器」
講師/鈴木優人(バッハ・コレギウム・ジャパン首席指揮者)

【2限目】13:15-15:00 「名盤で聴く古楽の歴史」
講師/浦久俊彦(サラマンカホール音楽監督)

会場/リハーサル室
定員/60名
入場料/無料
お申し込み先/サラマンカホールチケットセンター TEL.058-277-1110


【2018.12.25 注】 ※ 「ふれあいだより Vol.100」および「SALAMANCA MATE Vol.95」にて、『15:00開演(14:30開場)』と掲載しておりますが、『16:00開演(15:30開場)』に変更となりましたので訂正させていただきます。