完売

[全3回シリーズ] 珠玉の名曲と画像で辿るピアノの詩人の生涯

音楽史に輝く金字塔、晩年の孤独と苦悩…
人生の最後にショパンは何を思ったか。

日本を代表するピアニスト仲道郁代が、“鍵盤の巨匠”ショパンの全貌に迫る人気シリーズもついに最終回!
前回はショパンの29歳までを深掘りしましたが、今回はその後の円熟期からを追いかけます。
バラード、マズルカ、ポロネーズなど名作の楽譜が飛ぶように売れ、音楽誌が「ショパンこそまさに流行の最先端だ!」と書きたてた頃。
「まるで無数の指を持っているようだ!」と聴衆が酔いしれた演奏会…。
そこから晩年に至るまでの軌跡を、貴重な画像資料と歴史的研究にもとづくトークで鮮明に描き出します。
ショパンの知られざる創造の謎へ、感動のエンディングにどうぞご期待ください。

主催/サラマンカホール
後援/ポーランド広報文化センター


仲道郁代のスーパーピアノレッスン 〔公開レッスン〕

日時/2021年12月18日[土] 16:30~17:30 *コンサート同日終演後開催。
聴講料/無料    * 聴講は「仲道郁代 ショパン鍵盤のミステリー 最終回」の公演チケットをご購入いただいたお客様に限ります。


【チケット数 限定販売】 ホール定員(708席)の50%以内のお客様で開催します。

※ 発売日当日は密を避けるため、電話・インターネット(サラマンカ・オンラインチケット)を9:00より、窓口を12:00より発売開始とさせていただきます。ご注意いただきますようお願い致します。


ご来場の皆様へ新型コロナウイルス感染症対策へのご協力のお願い

  • 会場内では常時マスクを着用してください。マスク未着用の方はご入場いただけません。
  • こまめな手洗い、手指消毒、咳エチケットの励行をお願いします。
  • 会場内では周囲の方との距離を1m以上空け、密集を避けてください。
  • 発熱や咳などの風邪症状等、体調のすぐれない方はご来場をお控えください。
  • 入場時はサーマルカメラ等による検温を実施します。37.5℃以上の発熱がある方はご入場いただけません。またいつもより入場に時間を要しますので、当日は余裕を持ってご来場ください。
  • 「岐阜県感染警戒 QR システム」への登録および、接触確認アプリ「COCOA」のインストールにご協力ください。
  • 「ブラボー」などの掛け声や会場内での会話はお控えください。
  • 出演者への花束・プレゼント等はお控えください。