来る7 月18 日(土)公演『世紀のメロドラマ「椿姫」の世界』に向けて、関連講座を開講いたします。
「椿姫」が何倍も楽しくなること請け合いです!是非ご参加ください。

第3回は『デュマ・フィスが描いた「椿姫」~19世紀パリと娼婦の世界』。
デュマ・フィスの原作から当時のパリ、高級娼婦とは何だったのか、ヴェルディはなぜこれを題材にオペラを書いたのか、その神髄に迫ります。

会場/OKB ふれあい会館 第1 棟14F 展望レセプションルーム
定員/60 名
講師/浦久俊彦(サラマンカホール音楽監督)

主催:サラマンカホール